スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

命名後 初釣果 Directly under 【Di-un】 (ディアン)

命名後 初釣果 Directly under 【Di-un】 (ディアン)


LURES CHEMISTにおいて、初発売予定のメタルジグ

Directly under【Di-un】(ディアン) の命名後、初釣果が届きました!! 


命名後2日での島牧での釣果♪ 幸先の良い始まりです!!

立て続けに2本。写真もばっちりです!!


海アメマス 島牧① 海アメマス 島牧②


諸事情により、わずかにディアンが移るアングルでお願いしていたので

ご足労をお掛けしました。


三平太さんありがとうございます!!


このメタルジグは、去年の春に開発しまして自らテストし、道北において

特に海アメマスに十分な効果を発揮してくれました。


結果を踏まえて、去年の中旬からテストをしていただき、

十分な評価をいただいたことから今年春に販売を予定しています。


正式に発売が決まり次第、スペックとルアーパフォーマンスをブログまたは、

ホームページでご説明致します!!


メタルジグ Directly under【Di-un】(ディアン)


DIUN.jpg


ご期待ください!!


よろしくお願い致します!!




にほんブログ村 釣りブログ 釣具ハンドメイドへ



ブログランキング アウトドア&スポーツ ナチュラム


スポンサーサイト
2013-02-06 : 釣果報告 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

初めまして
同じ北海道で釣りをしている者です。
ブログを拝見し巧みなルアー作りに敬服しております。

ただひとつ、貴殿の作るルアーについてご見解を伺いたいことがあります。

それはルアーの素材に魚皮を使っておられることについてです。
魚皮をルアー素材として利用するということは「魚を殺めて素材を調達する」という事実が付きまといます。

貴殿がもし、キャッチ&リリースを前提としたコンセプトでルアー作りをされているとすれば、それはやはり違和感を感じざるを得ません。
「殺めた魚の上に成り立つキャッチ」は、ゲームフィッシングと言えるのでしょうか?

そして、魚皮を剥いだあとの身がらはどのように処理しているのでしょうか?
ルアー作りのためだけに、魚の命を無駄にはしていませんよね?

多くの人の目に触れる形で活動されていくのであれば、コンセプトを明確にされたほうがよろしいのではないかと感じました。

よろしければ、ご見解をお聞かせください。
2013-02-08 00:59 : 北海道人 URL : 編集
コメントありがとうございます。
ブログご覧頂きありがとうございます。
コメントありがとうございました。

おっしゃる通りです。

このブログを始めた際、私がどのようにこの生皮ルアーを
製作していったのかの経緯がないため、誤解を招くと思って
おりました。配慮が足りなかったことお詫び申し上げます。

まず、魚を食する過程でこのルアーを作っております。

もちろん、皮だけを剥いで捨てるようなことはしておりません。

もともと、調理関係の仕事についていた経緯もあり、食に対しては
ひと以上にポリシーをもっておりますし、農業等を営む直系の親族
がおりますので、どれほど食するということかが大変かということ
も理解しております。

なので、皮を剥いだあとの魚は手によりをかけて料理。二つの喜びを私に与えてくれたことに感謝し、食させていただいております。
そして、新たな姿で海に戻れるよう大切にルアーにさせていただいております。

また、私はキャッチ&リリースをすべての魚種で行っているわけではありません。
その魚を食べたい時は、リリースは致しませんし、逆に食べない場合はリリースします。

無益な殺生はしません。というよりこれが自然の摂理であり、
釣り本来の姿ではないかと思っております。

もし、キャッチ&リリースを100%と前提としたゲームフィッシングが
正しいフィッシングのあり方というのであればそれは人間のエゴではないですか?
実際は釣ることでその魚は、少なからずとも痛めつけられている。
それをリリースという言葉で片付けているだけのこと。
これは明らかに人間のエゴだと思います。
本来であれば、リリースするのであれば最初から釣らなければいい。
それが魚を思うなら一番よいことだと思います。

人間がゲーム的な考え方で魚をいたぶっているだけの行為です。
殺めていることと大した変わりありません。
ゲームフィッシングの根底には何があるんですか?
人間の遊びたいたいという気持ちだけですよね。

キャッチ&リリースやゲームフィッシングといった言葉ばかりが先走り、
本来のあるべき姿を理解していない。だから、リリースされたであろう魚が水に浮いている。

本来、釣りとは人間が生まれ持った狩猟の本能が生み出したもの。
魚を殺め、食することで自分自身を生かしていだだける、その魚に本当に感謝し、
その魚を大切に思う。そして私たちを生かさせてくれる、
私たちよりも弱い立場の魚達がどうやっていっしょに共存できるか考えていく。こ
れが本来のあるべき姿。

それがきちんとわかっている人が始めてキャッチ&リリースの本当の意味を
理解できるとわたしは思っております。

ですから、ゲームフィッシングをコンセプトとしたルアーでは
ございません。

私のルアーは、あくまで魚を釣る道具です。

そして、釣る喜び、食する際は食べる喜びを知っていただき
本当の意味で魚に感謝し、釣りを楽しんでいただ
きたいと思っております。

それは、釣り人次第です。

感情的な表記になってしまった部分もありますが
申し訳ありません。

あともう一点ですが、
いままでルアーを見ているかぎり、キャッチ&リリースを
前提に作っておられるルアーは皆無に等しいのでは
ないでしょうか?
であれば、設計はフックはバーブレスでシングル。
ベリーにフックもいらないでしょう。
それが変わるだけでバランスが崩れる。

最初から北海道人さんがいうゲームフィッシングを
コンセプトとしたルアーがあるのであれば
これらを考慮した設計になるはずです。

それですら、ほとんどの市販品また
マスメディアでキャッチ&リリースを
推奨している有名ハンドメイドビルダーの方々の
ハンドメイドルアーもほとんど満足されていません。

いわゆる、ルアーは釣るための道具という
答えなのです。

それをどのようにアングラーの方々が考えて
利用するか? アングラー次第。

それを私たちビルダーが促すことはできても
決めることはできません。

そして、それを理解しているからこそ
コンセプトに掲げないと思います。
そもそも、みなさんに共通して
魚を人一倍愛しており、魚を
大切に扱いたいということは
前提ですから、コンセプトと
して掲げる必要がありません。

最後に私の生皮手法はけっして現代的なものではありません。
歴史を辿れば先人の方々が魚を得るためにやってきた
手法です。もちろん食した上で有効活用できるものを利用した
だけですが。

以上です。

私は、このルアーを作るまで色々な方にお世話になり
そして自分自身の時間と大切なものも削って参りました。

その強い思いもありますので、うやむやな状態では
終らせたくありませんので、ご返答おまちしております。












2013-02-08 07:39 : FA URL : 編集
ありがとうございます
非常にご丁寧なご回答、誠にありがとうございます。
FA様のルアー作りに対する真摯な姿勢に感心致しました。

まず、C&Rやゲームフィッシングを押し付けるような発言をしたことをお詫び致します。
釣りのスタイルや楽しみ方は各人の自由であり、他人から干渉されるものではありません。
ルアー製作にしても然りです。

私自身、雑誌やメディアなどで見る「C&R」や「ゲームフィッシング」という言葉に躍らされ、徐々に
思考が偏重していたのかもしれません。
申し訳ございませんでした。

生皮を利用したあとの魚についてですが、きちんと食されているとのことで安心致しました。
本来、釣りはヒトが生きていくための、食糧確保のための一手段であったはずです。
なので、その食物連鎖から外れるような、無駄な殺しは慎むべきと私は考えております。

殺めた魚を食すということは、私は魚に対する敬意であり、最大限の供養であると感じております。

食したあとの魚皮を活用するということであれば、素晴らしいことだと思います。

私は釣りを止めることはできません。
それは、おそらく私の潜在意識の中にある「狩猟の本能」を忘れることができないからです。
魚を手中に収めると、言いようのない満足感が込み上げ、私はその感情を抑えることはできません。

釣りの楽しみとは、その満足感の延長線上にある認識にあります。
釣るという行為に「楽しみ」という感情を持ち合わせるということは、非常に残酷なことです。
完全な私のエゴです。

しかしそれは本能に基づくものであるから、エゴを承知のうえでも止めることはできません。

私も食べない魚はリリースします。
ただリリースの際には、満足感を与えてくれた魚に感謝し、可能な限り魚が生存できるであろう最大の努力をしてリリースします。

私が今回、魚皮についてのコメントをさせて頂いたのは、あまりにも最近魚の命を軽々しく扱う釣り人が多いと感じたからです。

釣り上げた魚を蹴飛ばして海に返したり、サケから卵だけを取って捨てる行為など、到底命に敬意を持って接しているとは思えない行為を多く見かけます。
そんな光景を見るたび、私は強い憤りを感じておりました。

命を手にかける「釣り」という行為のなかで、命を粗雑に扱うことは断じて許すことはできません。


私は、FA様が「ルアー製作するためだけ」に魚皮だけを調達していないか、心配だったのです。
私の心配は無用であったことがわかり、この度のご無礼お詫び申し上げます。

貴殿の「命に対する思い」は素晴らしいものであると感じました。

「命を頂く」という行為そのものに回帰し、素晴らしい信念のもとでルアー作りをされているのだと思います。

魚皮を使うことに関して、私のように誤解してしまう方もおられるかと思います。
ルアー資材調達のその素晴らしいポリシーはぜひユーザーに伝えてください。

乱文申し訳ありません。
個人的な意見も多く含まれておりますがお許しください。

これからも魚の命に感謝した、素晴らしいルアーを作りを続けてください。

応援しております。
2013-02-09 16:45 : 北海道人 URL : 編集
ありがとうございます!!
ご丁寧なご返信ありがとうございます。

ご理解いただけて良かったです。
ありがとうございます!!

新しい可能性のルアーを追求していくことが目標なので
なにかとみなさんにご理解いただけない場合があるかと
思いますが、その際は誠心誠意のお答えしていきたいと
思っております。

この度は、色々と勉強させていただきました。
ありがとうございます。

今後ともよろしくお願い致します。




2013-02-10 21:03 : FA URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

fa

Author:fa
北海道で、ハンドメイドルアー製作に
どっぷりハマった30代男子です!!
色々な観点からハンドメイドルアー
を追求し、今までにないルアーの世界
をご賛同くださる方々とともにを築き
あげていくことを夢見て日々精進して
います!!

また、ハンドメイドの素晴らしさや
楽しさを体験していただきたいという
ことで、ハンドメイドのススメという
簡単なハンドメイドのポイントなども
ご紹介致します。、ハンドメイドに
ご興味ある方もぜひご覧ください。

よろしくお願い致します♪

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめブログサイト

おすすめサイト

アウトドア&スポーツ ナチュラムNATURUM4.jpg NATURUM ‐ナチュラム‐

ブログランキング

FC2ブログランキング FC2ブログランキング -.jpg にほんブログ村 釣りブログ 釣具ハンドメイドへ
にほんブログ村 -.jpg ブログランキング 人気ブログランキング

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。